大事な家族を守るフロアコーティング

日本の家の床と言えば畳という文化でしたが、最近では全室フローリングという住宅も増えています。

確かにフローリングは畳などに比べて掃除が楽で、湿気らないなどのメリットもあります。

ですが、フローリングは畳などの床に比べてとても滑りやすいものです。

特にペットや赤ちゃんや小さなお子様は滑りやすく大変危険なものなのです。

それを防ぐためにはフロアコーティングがおすすめ。

一般的には自分もできるワックスを使うという方法もありますが、ワックスは独特のにおいがありますし、より床に近い場所にいるペットや小さいお子様は皮膚や気管支に悪影響になる場合があります。

そして効果が持続するものでなく定期的に塗り直しの必要があります。

そういった点でも、一度施工すれば長いもので30年近くは効果の持続するというフロアコーティングがいいでしょう。

最近のフロアコーティングはほとんどが滑り防止加工が施されていますので、ペットや小さいお子様やご年配の方まで安心して生活ができます。

フロアコーティングは一見するとピカピカと光沢があり、滑りやすそうに見えます。

ですが、実際は滑り止め加工がされているものが多いので、ペットやお子様やご年配の方まで家族みんなが安心です。

ですが費用が・・・ワックスで十分でしょ?

というお声もあるのも事実です。

ですが、ワックスには独特のにおいから分かるように一部有害な物質が入っているものもあり、また剥離をする際に使う薬品も環境に害のあるとされるものが多く、デリケートな方には安心とはいいがたく、保護効果も長持ちはしません。

フロアコーティングは確かに費用は掛かりますが、UVコーティングと言われるものですと効果は30年近く持続するといわれています。

また使用するコーティング剤の多くは有害物質を排除しており、成分も安全なものを使って施工している業者がほとんどです。

最近は新築の住宅でしたらほとんどのフロアコーティングがされているほど、住む人への安全性や利便性が注目されているのです。