フロアコーティングの効果を長持ちさせるコツとアフターケア

フロアコーティングは種類によっても違いますが、耐久期間は10年近く~30年と長いものが一般的です。

ですが、必ずしもこれだけの期間、効果を持続できるか?

と言えば扱い方によっても変わってきてしまいます。

こまめに掃除をして、物を引きずったり落下させたりしないように気を付けて生活していれば、フロアコーティングの効果は長持ちします。

しかし逆に乱暴な扱いをしてしまえば、逆に耐久期間が短くなってしまう可能性があります。

フロアコーティングに限らずどんなものにも言えますよね。

長持ちさせるコツとしては、可能な限り傷や汚れを付けないことです。

床という場所が場所だけに難しいところではありますが、少しの工夫で防ぐことはできます。

お掃除の際は傷がつきにくい柔らかいモップや布を使うとか、家具などの設置や移動の際は引きずらないように気をつけるとか、重い家具や椅子の脚などに保護用のパットを装着するなどの工夫で耐久期間を延ばすことが可能です。

せっかく費用をかけて施工したフロアコーティングですからできるだけ工夫し長持ちさせましょう。

フロアコーティングに関心があり施工を考える際に重視することと言えば「安全性」

「耐久性」

「価格」

「アフターケアの充実」

ではないでしょうか?

そこで生活する人にとっては大切なことばかりです。

その中でもアフターケアの有無は重要です。

フロアコーティングは種類によって変わりますが、一般的には効果は10年以上と言われています。

ですが、床という場所だけに気を付けているつもりでも、重いものを落下させてしまった。

家具を倒してしまったなどどうしても傷が目立ってきてしまう事はあります。

状況によっては修理が必要になることもあると思います。

最近はフロアコーティング施工の契約の際に「10年間保証」

や「定期点検あり」

というアフターケアも充実している業者が多くあります。

それが無償なのか有償なのかの違いは出てくると思いますが、いぜれにしても一旦施工したらおしまい!

という施工業者はいい業者とは言えないので、そういったアフターケアを行っているのかも確認することも大切です。