フロアコーティングの種類と役割

フローリングにツヤと輝きを出し、傷や汚れから保護してくれる役割のあるフロアコーティング。

その種類と効果は様々なものがあり、それによって値段も大きく変わってきます。

その中でいくつかご紹介します。

まずは、一般的にワックスと言われるアクリル系のタイプ。

これは業者に依頼しなくても自分でできることもある程で、比較的安価であるものが多いです。

目的としてはツヤを出す役割をするというもので、保護効果はあまり期待はできず、耐久性能が弱めで定期的に塗りなおす必要があります。

次にシリコンでコーティング。

これは水・油などに強く耐熱性に優れている為、キッチンなどに使われることが多く、掃除も水拭きのみでほぼ汚れを落とすことができます。

また、滑り止めの効果にも大変優れています。

効果も10年以上は持続するといわれているので長期間にわたり安心です。

まだ他にも種類はありますが、施工する部屋に合ったフロアコーティングを信頼できて技術のある業者に依頼する事が大切です。

フロアコーティングには様々な種類がありますが、一番保護効果が高く、耐久期間も最も長く、そして一番高価!

なフロアコーティングがUVコーティングと言われるものです。

UVコーティングは特殊樹脂を紫外線照射する事で 硬化させる方法で、フローリングだけでなく車のボディや携帯電話などにもその応用として使われています。

もちろん見た目の光沢も美しく、傷や汚れのつきにくさも抜群です。

効果が持続すると先にも述べましたがその効果は長いもので30年程持続するとも言われています。

メリットは先に述べた通りですが、デメリットとしては高価な点と高い技術が必要になることです。

他のフロアコーティングにも言えることですが、施工者の高い技術と知識が必要になります。

そのため、業者選びはより慎重にする必要があります。

業者ごとの比較ができるこちらをご参照ください。

フロアコーティング施工の相場を調べる

また、保護が頑丈である分、他のフロアコーティング方法よりも厚みが出やすいのも特徴のひとつといえます。